25年 年頭のご挨拶
ホーム 文化協会概要 スケジュール 28年度イベント案内 加盟団体 25年 年頭のご挨拶 H28年度役員 書式集 & sight map 函南讃歌 リンク WEB会議室patio 行事・活動の記録 30周年記念誌 連絡掲示板 イーラパークBlog 管理人室 函南町施設予約

H22 年頭のご挨拶

25年度への展望

私は、24年度の総会時の新任あいさつの中で、 今年度は次の二つの項目に留意したいと話をしました。

bullet

文化がもつ側面「研鑽・発表・鑑賞」の内、鑑賞面を重視したい。それは、鑑賞が研鑽と発表の向上をもたらし、文化の更なる活性化に繋がると考えるからです。

bullet

文化協会が立脚している「函南の地域文化」に積極的に関わって行きたい。それが、希望と元気のある町づくりに繋がると考えるからです。

24年度の結果はどうであったろうか。

bullet

鑑賞面における観客数は、各主催事業はほぼ横這い、文化祭は個々の行事で凹凸が あり、残念ながら増加したことを実感するまでには至りませんでした。

bullet

地域文化との関わりは、「かんなみ仏の里美術館」展示事業で殆どの該当団体が参加し、同美術館の来場者に喜んでいただき、新聞にも幾度となく掲載されました。また文化祭では、「音楽祭」「特別企画展」に町内の優れた文化人に参加していただ き、その素晴らしい文化に触れることが出来ました。


25年度への展望

bullet

24年度は観客動員では不満足でしたが、内容的には各分野において素晴らしい演技・作品が多く、来場者のアンケート結果も好評でした。25年度は、全ての事業で早い時期に準備を開始し、24年度にも増して内容の充実化を図り、観客動員に繋げるための工夫をしたいと考えます。そのために、組織の在り方を見直し、企画立案時に役員以外の方々にも参加いただき、また会員の皆様のご意見を積極的に聞きたいと考えています。

bullet

25年度は、町制施行50周年に当たり函南町が記念事業を企画しています。その中で、文化協会としても積極的に役割を果たして、地域文化向上に参加したいと考えます。また、次の50年に向かって若いエネルギーへの応援をするための事業を企画したいと考え準備を開始しました。

24年度の会員皆様のご尽力に感謝し、25年度は更に活気のある文化協会とするため一層の御協力をお願いいたします。

 

平成25年1月15日

函南町文化協会々長 小俣 成

ホーム H22 年頭のご挨拶