文芸
歴史

かんなみ歴史同好会 KANNAMI REKISHI DOUKOUKAI 

かんなみ れきし どうこうかい

The membership, as of May  8, 2016, 20 persons.

代表 林 政敏 MASATOShi HAYASHI

〒419-0112 Tel.055-978-5351  

                 函南町柏谷1327-85

私たちの団体は・・・・
活動概要

 

ホーム
上へ

 

「拓本講習会」 畑毛 東光院 Photo by YASUHARU TSUCHIYA 2004/9/12

 私たちの団体は・・・・ 

bullet

函南町内外の『歴史的研究と調査発掘』を目的とした集団です。

bullet

主な活動場所:函南中央公民館 2F

 活動概要 

  1. 活動状況: [この色の文字、(見出し行)の上でクリックすると本文が開閉](DHTML対応)

    1. 古文書解読会 〔月1度〕
      bullet

      函南町内の各「家」に伝わる、江戸時代からの古文書を笠松先生の解説
      で解読しています。

      bullet

      現在は大竹区田中家文書の通し読みに取組中です。

      bullet

      毎月第3土曜日13:30〜が定例会です。(研修部担当)

    2. 歴史研究懇談会 〔月1度〕
      bullet

      函南町内、若しくは近郷の「歴史的話題」の資料を基に話し合い、研修を
      深めています。

      bullet

      新聞の切り抜き記事を基に、最近の歴史的情報について話し合い、意見
      交換などをしています。

      bullet

      本年度から2〜3年間は「後北氏末期の田代城(函南町田代)」の調査
      発掘・整備をメインテーマにしています。

      bullet

      毎月第4土曜日13:30〜定例会です。(事務局担当)

    3. 機関誌・「歴研だより」発行 〔月1回〕
      bullet

      毎月、月初めの5日を目処に、B5版4ページで編集発行しています。

      bullet

      内容はその月の研究会や講座の予定、前月の歴史研究情報などの報告
      です。

      bullet

      シリーズ静岡県東部の「古城物語」が、平成16年12月で第20回目を迎え
      ます。ちなみに、第19回は「韮山・堀越御所」、第20回は「「下田・深根城」に
      なっています。

      bullet

      関係機関と会員全員に配布しています。(事務局)

    4. 拓本講習会 〔年1回〕
      bullet

      町内にある地神尊や庚申塔などの歴史的「碑」を題材にして拓本をとります。

      bullet

      作品は表装して町文化祭に展示します。(研修部)

    5. 県外1泊歴史探訪・日帰り歴史探訪 〔年1回〕
      bullet

      春には1泊で、歴史的香りの高い故地を観察・見学します。16年度は、歴史
      民族博物館の見学をメインに、房総半島1週の旅に出ました。

      bullet

      秋には県内の日帰り旅行です。本年は久能山東照宮と登呂遺跡です。(研修部)

    6. 親睦会 〔年1回〕
      bullet

      年1回年末に親睦会を行います。

    7. 研究会誌「歴研」発行 〔年1回〕
      bullet

      秋の町文化祭に合わせて、編集発行しています。一年間の会員相互の研修
      の成果や情報等を掲載します。

      bullet

      新しい古文書や資料、個人研究などを解説付きで掲載します。(広報部)

  2. 総会、後援会、文化祭発表、年末親睦会の担当は総務部です。

  3. 年間の各事業は総務部・研修部・広報部の三つの専門部に属する役員が進めています。